幼児 偏食

幼児の偏食を心配する前に知っておくこと

子どもの好き嫌いの悪影響として、
栄養のかたよりが心配されますが
本当に栄養がかたよっているのでしょうか?

 

 

特定のひとつの野菜が食べられないことは
同じような種類の野菜が食べられていれば
栄養が偏るといったことはおこらないし、
こだわらなくても大丈夫です

 

 

 

食べるという行動は
食欲にともなう行動なので
好奇心や探究心などの
心の発達もともなうものです

 

 

子どもに食べたいという欲求が起こる前に
大人が食べてもらいたい欲求で食べ物を与え、
子どもが強制と感じると、心の発達や脳の発達にも
影響することがあります

 

 

小さい子供がピーマンを食べれないのは
まだ食べられるような時期なってないと考えてみてください

 

 

子どもがだんだんと食べられるものの
幅を広げていく様子を温かく見守ってあげましょう

 

 

お子さんがいろんなものを食べられるようになるには
お母さんがおいしい料理を作ることも重要です

 

⇒保育園の子どもが偏食にならないようにするには